人と会って話す時に気になるのが口臭ですよね。そのきつい匂いの原因が歯科で分かることもあります。

口臭の悩みで歯科受診をした体験談

歯科で口臭の原因が判る

世の中には、匂いのきつ食べ物ってありますよね。とくにニンニクなんていうのは、精力が付くといいますよね。夏場は特に疲労回復に食べられることが多いです。
また焼肉の味付けやラーメンに入れることもあります。

例えば、焼肉を食べながらアルコール類を飲み、締めにラーメンを食べたなんていうと、もう口臭どころか、その人に近づいただけで色んな匂いがしますよね。喫煙する方なら尚更です。
うちの兄が、そんな感じで家に帰って来たときは、もう家中に臭いが充満して吐き気するくらいでした。

ただ、その食べたものの匂いというは、最近は食べてすぐ飲む匂い消しのようなサプリもありますし、歯磨きをしたり、ガムを噛んだり、牛乳を飲んだりと匂いを緩和させる手段というのがいくつかありますよね。
しかし、そんな食べ物の匂いではなく、何となく普段から口臭がきついという方もいます。
腐敗臭のような独特の口臭というのは、いくらケアしても無くなりません。そんな方は歯科に通うことをお勧めします。


なぜなら、歯磨きをきちんとしていたとしても、歯の隙間には磨き残しの食べくずがあったり、いわゆる歯周ポケットと言われる歯と歯茎の間に磨き残しがあり、それが歯の中で腐敗して匂いの元となっている場合があります。
内臓が悪い時も、そんなことがありますから気をつけなければなりません。歯を清潔にするためには、食べて30分以内にきちんとしたブラッシング方法で歯磨きをすることです。

ピックアップ情報

Copyright 2018 口臭の悩みで歯科受診をした体験談 All Rights Reserved.